2012年7月16日 4:29:27サビアンのもっとも簡単な応用2、スピルバーグのホロスコープ




経歴については、ウィキペディアを見てください。http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B9%E3%83%86%E3%82%A3%E3%83%BC%E3%83%B4%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%82%B9%E3%83%94%E3%83%AB%E3%83%90%E3%83%BC%E3%82%B0

以下は、このウィキぺディアの中の文章です。

1972年に、テレビ映画として撮った『激突!』が評判を呼び、海外では劇場公開され、スピルバーグの名前が世界に知られるようになる。1974年に『続・激突! カージャック』で、劇場用映画監督に進出。

1975年に公開された『ジョーズ』はそれまでの『ゴッドファーザー』の記録を破り1977年に『スター・ウォーズ』に抜かれるまで世界歴代興行収入1位を記録する大ヒットとなり一流監督の仲間入りを果たす。その他ヒット作に『未知との遭遇』、『インディ・ジョーンズ』シリーズなど多数存在し、1982年の『E.T.』では2度目の世界歴代興行収入1位を記録し、1997年に『タイタニック』に破られるまで続いた。

初期の頃は、娯楽映画で評価を得ていたが、やがて様々なジャンルの映画を手がけるようになる。

また、1980年頃より、自ら監督を務めない作品でも、プロデューサーとして名を連ねることが多くなった。ただし、必ずしも製作指揮をとっていたわけではなく、製作資金を確保するために名前を貸したケースも多い(詳細は#主な製作総指揮作品を参照)。

太陽と天王星は、180度ではないかと思う人が多いはず。
ちょっと迷ったのですが、天王星にはアスペクトがないという読み方をしました。(たんにタイトでなかったから。)
オーブを広くすると、もちろん入ります。一般的には、オーブは太陽の場合、8度でしょう。となると、確実に入ります。
この場合、天王星は土星の作り出した枠を踏み越えるという意味では、枠の中におさまらない仕事ぶりです。
時には、これが原因で仕事上でトラブルを起こします。契約の枠に従わないということをすると思います。
太陽のいて座の27度は思想的に、刷り込み力を意味しますが、この中に、「現代では、まだ許容不可の枠外情報」が入ることも意味します。
そして反対されても押し切ってしまうという傾向です。
もちろん宇宙人ネタは、やはり12ハウスの天王星に違いありません。
そして、ふたご座の20度ですから、情報はちょっと安い。
MIBで、宇宙人情報を、タブロイド誌から探すというのは、このイメージではないか。