2012年7月15日 4:51:33 Habbardのサンプル
図は、Astro-data 4 Lois M.Roddenよりの写真複製です






ハバードの経歴を知りたい人は、ウィキペディアを参照してください。

以下は、インターネットのウィキィペディアより。
http://ja.wikipedia.org/wiki/L%E3%83%BB%E3%83%AD%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%83%8F%E3%83%90%E3%83%BC%E3%83%89

ラファイエット・ロナルド・ハバード(Lafayette Ronald Hubbard1911年3月13日 - 1986年1月24日)はアメリカ合衆国のSF作家で[1]、1950年に最初に出版された、ダイアネティックスという名のセルフヘルプ・システムを発明した。その次の30年にかけて、ハバードは広範な考えをサイエントロジーと名づけた、1まとまりの宗教の教義と儀式として開発した。ハバードの著作はサイエントロジー教会と、数々のビジネス管理や識字能力開発や薬物リハビリテーションに取り組む組織への指導文章となった[2] 

ハバードは論争の的となる有名人であり、彼の人生の詳細はいまだに議論されている[3]。サイエントロジーの公式な伝記は彼を「生命よりも大きな存在」として紹介し、その生涯は「驚愕すべき広範にわたる分野で、敬服すべき業績の数々にちりばめられている」としている[4]。これらの主張の多くは以前サイエントロジー信者だった者や、サイエントロジーと関係の無い第三者の研究者たちによって議論されており、彼らはハバードに対して厳しく批判的な記述をしてきた[5][6][7]